高倍率のレバレッジで取引

日本よりも高倍率のレバレッジで取引ができるのが魅力の海外FX口座。しかし、実際にはどのようにして口座を開き、取引を進めていけばいいのでしょうか。

口座を開設する前に、証券会社を選ぶ必要があります。最近では日本語で手続きできる国外のFX業者も多いため、ホームページ等を見て日本語が仕えるかどうかを判断するのが良いでしょう。また、海外FXの業者を詳しく解説しているページも多くあるため、選ぶ際の判断基準の一つとするのも良いと思います。

were信用面においてはキプロス証券取引委員会(CySEC)の認可を受けているうえ、審査がとても厳格だといわれている英国FSAライセンスも保持しています。2万ユーロまでの口座資金が保証されるので、日本国内の業者が行っている信託保全とほぼ同レベルの保証があります。各国の金融行政機関の審査を受けて、MiFID、AFM、BaFin、CNMV、FI、FINなどに登録を行っており、海外業者において最高レベルの信頼度がある業者です。

もともと日本で積極的なサービス展開を行い知名度は高かったのですが、名称変更により少し知名度が落ちてしまったようです。しかし、以前からの良質なサービスに加え、888倍という高レバレッジや約定拒否がないなど、リニューアルによってさらに磨きがかかった利便性ですぐに知名度を取り戻していくでしょう。
serserThinkForexの大きな特徴は高い約定力で、急な相場変動の場合でも安定した取引が可能です。 重要な経済指数の発表時にはシステムの安定しない業者の場合、約定拒否やリクオートが発生することもあります。しかしThinkForexではこのようなことが起こることはめったになく、海外のFX業者の中でも群を抜いて安定したシステムにより高い約定力を誇っています。

これは海外のトレーダー達はもちろん、日本国内でもとても高い評価を得ています。高い約定力によりスキャルピングを好むトレーダーや、指数によるトレードを行っているトレーダーには絶好の環境と言えます。ThinkForexにはスタンダード、プロ、アルゴの3種類のアカウントが用意されており、その全てが日本円に対応しています。
twerew24Optionのみの取引を行えるバイナリーオプションはFXのプライム、GMOクリック証券といった業者が有名ですが、24Optionの特徴としては、多国籍言語への対応ということが挙げられます。特に日本語・中国語・イタリア語・フランス語・スペイン語といったワールドワイドな言語対応をしており、24Optionはその中でも日本や中国のようなアジア市場に注目しています。

日本ではまだまだ市場が未開拓な状況にありますので、その分、ボーナスが弾むようになっています。ボーナスの利率は通常2~30%なのに対し、50~100%という桁違いのボーナスを提供していることでも知られています。運営はイギリスにある247ホールディングスで、バイナリーオプションのプラットフォーム業者です。
werweギリシャに籍をおく世界有数の大手FX証券会社iFOREX(アイフォレックス)の特徴は、口座開設にかかる時間が、他社と比べ格段にハイスピードということです。iFOREXで口座を開設するために必要なものは、メールアドレス、電話番号(固定または携帯電話)、クレジットカードの3つのみです。この3つがあるだけで簡単に口座開設ができます。

一般的に口座開設に要す時間は、たいてい1週間程度といわれますが、iFOREXの口座開設は、なんと最短3日で完了することができます。もちろん取引は口座開設の時点から即開始できますので、取引のチャンスを無駄にしたくない、今すぐ口座が必要、という取引者の方にはたいへんメリットのある証券会社です。
werePepperstoneは、オーストラリアのメルボルンに本社を構えるFXブローカーです。2010 年1月からECN方式のブローカーとしてサービスを開始し、「過度の広いスプレッドや、約定の遅れなどによる投資家の機会損失を無くす」こと、そして「最高レベルの顧客サービスを提供する」ことをスローガンに営業しています。

外国為替取引業者としては新興のPepperstoneは、顧客サービスを充実させるために、あらゆる努力をしており、そのうちの1つが、オーストラリアでは義務付けられていない顧客資産の信託保全をしていることです。Pepperstoneの顧客資産の全額は、格付けAAランク以上の銀行(National Australia Bank、HSBC BANK)にて分別保管されています。このことは高く評価されるべきことでしょう。


口座の開設自体は非常に簡単です。むしろ、日本で開設するより時間も手間もかかりません。海外FX口座の開設は、基本的にはネットだけで完結してしまいます。日本語が仕える証券会社であれば、ホームページ上のフォームに記入し、本人確認書類を画像の形でアップロードするだけです。日本であれば、口座開設のための書類一式が郵送で届き、それを返送するという手続きがあるため、最低でも3営業日から一週間程度かかるのが普通ですが、海外のFX口座は最速でその日のうちに口座を開設し、取引を開始することができます。

一方、口座への入金・出金は日本の場合とはかなり異なっているので注意が必要です。日本の場合であれば、登録してある銀行口座から振込するという形ですが、海外の場合で主流なのはクレジットカードによる決済です。クレジットカードのクレジット枠で口座に充填し、利益が出ていた時は逆にクレジットカードの請求がキャンセルされます。入金した以上の純利益が出ていた場合は、事前に設定しておいた口座等に送金されるように成っています。この方法は、おそらく最も手軽で短時間に資金を移動できる方法です。会社によっては即座に口座に移すことができるため、重要な入金手段といえるでしょう。

また、クレジットカードの枠がなかったり、枠を超えた金額を入金したい場合は、銀行を通じて海外送金することもできます。着金まで5営業日程度かかるほか、手数料や手間もかかるのであまり現実的ではありませんが、クレジットカードより多くの金額を入金できます。

さらに、最近ではPayPalやWebMoneyといったインターネット経由での入金も可能です。その場合、クレジットのような制限はなく、手数料は海外送金の場合よりも基本的には割安です。

以上のような手続きによって、海外でのFX取引は思っているよりも簡単に取引を開始することができます。もちろん、国外であるので注意すべき点は多くありますが、敷居が予想以上に低いということは覚えておいて損はないでしょう。

負けないための株式投資

【何故株式投資か】
銀行などの預貯金ではせっかくの資金を預けても、長期間でほんの僅かな利息が付くだけです。スーパー定期で0.010%、普通預金なら0.001%というところで、雀の涙という言葉がぴったりです。それに比べると配当利回りが2%、3%を超える優良銘柄が株式市場にはごろごろとあります。更に値上がり益も見込めるとなると株式に投資妙味があると言えます。

【長期の積み立てに勝機あり】
負けない株式投資、損をしない株式投資はリスクに強い必要があります。株価は国の景気や、会社の業績、政治情勢、為替水準、世界経済の情勢など様々な理由で上げ下げがあります。その度に一喜一憂していては大きな利益は得られません。何故なら上手く行っている時は有頂天になり、下手を売った時は悲観的になり、どちらも投資にはマイナスに働くからです。
プロが様々な情報を仕入れて先を読んでも失敗するのが株式投資です。素人が安易に大儲けしようと思ってもそう上手くはいかないのです。一度二度勝っても大きな負けを食らったら立ち直れません。大事なことは市場から撤退せず長く投資が出来ることです。

【何故長期投資か】
2008年世界経済はリーマンショックという大波を被りました。世界の主要市場で株は暴落しました。この時多くの投資家が大きな損失を出しましたが、アメリカ市場は1年もすると安定して上昇に転じました。リーマンショック時7000台を割り込んだダウ30種平均は2016年の12月には19000を超えて倍以上になりました。
パフォーマンスの悪い日本株も、第二次安倍政権誕生の2012年から目覚ましい上昇を続けています。2008年6994円を付けた日経平均株価は2015年には2万円の大台を回復しました。凡そ3倍です。
長く投資を続けていれば悪い波を被る時もあれば良い波を被る時もあります。その波の良い時、株の高い時に売る株があるという事が大事で、長期投資であれば必ず高く売れる時があるのです。資本主義社会が潰れるような、今の世界秩序が根底から崩れるようなことがないかぎり必ず売るチャンスは来ます。

【長期投資の実践方法】
決まった額の積み立てが良いと思います。野村証券や、カブドットコム証券では積み立ての投資が出来ます。配当利回りの良い優良銘柄を選びます。その業界が分かる、好感の持てる会社を選ぶのが良いです。知らない事には手を出さない事です。
毎月3万円、5万円を3社~5社くらいに分けて投資します。確実に配当を貰いながら投資します。長く持っていれば分割などで株数が自然に増えるチャンスも逃しません。毎月決まった金額で株が安い時は沢山買い、株が高い時は少し買う、ドルコスト平均法でリスクもある程度分散できます。
余裕資金でやる事です。教育資金や家の頭金などは使い道が決まっていますので、株が下落した時に耐えられませんので長期投資には向きません。